カイテキオリゴの停滞期を脱出するには

カイテキオリゴを飲み始めて、便秘解消して喜んでいると、
ある日突然、「また便秘気味になってしまった。。。」

なんて事があるようです。

これをカイテキオリゴの停滞期と呼ぶのですが、
実を言うと、私の場合は停滞期はありませんでした。
うれしい事に順調でした^^

でも、これからどうなるのかわからないので、
「停滞期になってしまった場合、どうしたら良いのか?」
調べてみました。

 

カイテキオリゴの便秘解消の効果が薄れてきて、
停滞期になってくる理由としては、

 

個人差はございますが、『カイテキオリゴ』で元気になった善玉菌に対して、耐性を持つ進化した悪玉菌が増殖し、腸内環境が『カイテキオリゴ』をお召し上がりになる前の状態に戻ろうとする 「腸内環境停滞期」の状態であると考えられます。(人によって様々です。)

と公式ページに書かれていました。
つまり、腸内の善玉菌がカイテキオリゴのおかげで増えてきて、
便秘解消に良い環境になってきたのに、
それに対抗する悪玉菌が対抗してくる!って感じですね。

 

こうなった場合は、カイテキオリゴを飲む量を一時的に通常より減らしたり、
数日間カイテキオリゴを飲まないようにしたり、
その後、一気にカイテキオリゴを飲む量を増やすなどして、
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスにショックや変化を与えることで、
再度スッキリを実感しやすくなるそうです。

ちょっと意外な方法なので、ビックリしました。
こんな単純な方法で、停滞期を乗り越えられるのかな?
と思いつつも、もし停滞期に遭遇したら早速チャレンジしてみたいと思います^^