カイテキオリゴの特徴は何?

私は妊娠中に便秘がひどくなって、
薬も飲めなかったことから、
どうにかしたくて見つけ出したのがカイテキオリゴ。

おかげで、便秘の恐怖から開放されました。
そんなカイテキオリゴですが、使ってみた私が思う4つの特徴を紹介します。

024909

 カイテキオリゴは薬ではない

便秘に効果的なカイテキオリゴですが、薬ではありません。
ですから、

  • いつ飲まなければいけないのか?
  • どれくらい飲まなければいけないのか?

など決まった事はありません。
もちろん目安はありますが、薬のような決まり事も少なく、
朝食などに混ぜて食べることが出来るのが嬉しいです。

薬ではないので、妊婦でも赤ちゃんでもカイテキオリゴを飲むことは可能ですよ^^

 

 オリゴ糖は甘過ぎない

オリゴ糖は糖の一種なので、とっても甘い気がしますが、
意外とそうでもありません。

カイテキオリゴの甘さは砂糖の4分の1なので、
コーヒーやヨーグルトなどの定番の食品はもちろんですが、
納豆などに混ぜても実は美味しかったりします。

また、甘過ぎないことから赤ちゃんや子供も抵抗なく飲めるはず。
我が家の赤ちゃんには、ミルクに混ぜて飲ませましたが、ゴクゴク飲みました!

 

 1日1杯でも効果があるので、継続しやすい

カイテキオリゴは1日にスプーン1杯でも便秘解消の効果が出る可能性があるので、
コーヒーに混ぜたりすれば、気軽に継続することが出来ます。

また、一袋で1ヶ月間もたせることも出来るので、
経済的にも高すぎることもなく、飲み続けやすいです。

 

 複数のオリゴ糖が腸内の善玉菌を活性化させる

カイテキオリゴのオリゴ糖は、実は1種類だけではありません。
複数のオリゴ糖を組み合わせることで、
1種類のオリゴ糖以上に善玉菌の活性化を手助けします。

 

以上のようにカイテキオリゴの特徴を理解して飲み続けることで、
便秘解消の確率は高まるはずです。