便秘の原因とは

便秘の原因としては様々な要因が考えられます。
一般には繊維質が良いと言われることもありますが、便秘解消のために最も重要と考えられているのは何よりも水分です。

この水分の極端な不足が原因となって便秘になることが分かっています。
そのため食生活を見直すのであればしっかりと水分を取るところから始める必要があります。

医療現場では便秘の解消のために下剤を処方することがありますが、これも十分な水分があって初めて機能するものであることが知られています。
年齢を重ねると水分が不足してもそうと感じられなくなることもありますし、ダイエットなどで食事制限をしていると水分が慢性的に不足してしまっているという状況に陥ることは珍しくありません。

その上で繊維質の食物をしっかり取るなどの対応が必要です。
食物繊維は体内で便の材料となる成分と組み合わさって腸内の老廃物を排出する方向で機能します。

このような便の排出のためにはある程度の水分が必要です。
大腸はもともと水分を吸収する機能がありますので水分不足の時には便が固くなってしまうという問題が発生してしまうのです。
このような症状を避けるためにしっかりとした食生活、そして水分が必要になるのです。