治りにくいニキビの原因は便秘かも

便秘は、長時間お腹の中に不用なものを溜め込んでしまっている状態です。
長い間排出されないでいると、便の水分が減るため硬くなっていき、もっと出にくくなってしまいます。
便秘は女性に多く、改善は容易なものではありません。
便秘は体に様々な悪影響を与えます。

ニキビや肌荒れもそのひとつで、よく知られています。
便秘は、生ゴミのように長時間経過する中で腐敗していき、毒素など有害な物質を出すようになります。

腸内の毒素は、腸内だけの問題ではありません。
腸内環境が悪化すると、自律神経の働きに影響したり、血行不良にもつながります。そして、その毒素は肌荒れやニキビも引き起こしてしまいます。
腸内環境を改善すると、健康だけでなく美肌も手に入れることができます。

コスメによる外側からのケアだけではなかなか改善されない肌トラブルの場合、こういった内側の問題が大きく絡んでいる可能性があります。

改善のためには、食物繊維や水分をしっかりと摂取したり、オリーブオイルを適量摂取するのが効果的です。
ヨーグルトとオリゴ糖を同時に食べると、善玉菌と善玉菌のエサを一緒に摂取できますので、理にかなっています。
納豆やキムチ、酒粕、塩糀、漬け物といった発酵食品も高い効果が期待できます。

適度な運動は、血流を良くしたり、腸の蠕動運動を促進します。
ストレスも便秘の原因なので、気分がリラックスできて、便秘解消効果のあるアロマオイルもよく使われています。
マジョラムやレモン、ジンジャーなどが適しています。