妊娠と便秘の関係

女性にとって妊娠とは、人生の中でも重要な出来事であります。
心穏やかに、安静にかつ、安定期に入れば適度な運動も必要となってきます。

もちろん、栄養素も大事です。胎児への影響も考え、自分の体に気を使って生活をすることは大切です。
お腹の中の赤ちゃんの事を考えて、妊娠中には必要不可欠な栄養素も少なくありません。

妊娠中は安定も過ぎると、お腹も大きくなっていき、普段の生活とは、少し違う面もたくさん現れてきます。そのひとつに便秘で悩む方も少なくないでしょう。
しかしこれは恥ずかしがることでも何でもなく、医学的にはっきりとした原因があります。

女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンの分泌が活発になります。
このホルモンは、大腸のぜん動運動の抑制をする働きがあります。

このぜん動運動とは、快適なお通じに密接な関係があり、お通じをスムーズに促します。
この働きが、抑制されてしまいますと、便がスムーズに流れませんので、腸内にたまりやすくなり、便秘を引き起こします。

さらに、妊婦の場合、胎児が大きくなるにつれて、子宮が腸を圧迫してさらに便秘を引き起こしやすくなります。
腸内環境をよくする細菌である善玉菌の代表のビフィズス菌を活性化させて増やすと、ぜん動運動が促進され、便秘の改善が期待できるでしょう。妊娠と便秘の関係は、栄養・適切な運動を上手に取り入れながら、改善しましょう。